5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【マナー】中国のマナー違反者ブラックリストは形だけ?「生活に何も影響なし」[6/18] [無断転載禁止]©2ch.net

1 :ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 19:56:18.57 ID:CAP_USER
写真は中国のホテル。「スリッパでホテル内の公共施設を歩かないでください」と書かれている。
http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201706/20170616-04698373.jpg

2017年6月16日、澎湃新聞網は、中国観光局が文化財や観光施設を破壊するなど悪質な行為に及んだ観光客を対象にして作成した「ブラックリスト」入りした人物が「生活には何の影響もない」と主張しているのを取り上げ、リストが形骸化していると伝えた。参考消息網が報じた。

中国では15年4月、観光地での文化財などを破壊するなど「非文明的な行為」を取り締まる管理法が施行された。

国内各地の観光地で「鍾乳洞で三脚を立てて石を傷つけた」、「巨岩を勝手によじ登った」など、違法行為に関与したとして、これまでに29人が観光局のブラックリスト入りしている。

しかし、ブラックリストには罰則がない。たとえば航空券や列車の切符購入を制限したり、海外や観光地の訪問を規制することなどはできない。リスト入りしても再び問題を起こした場所を訪れることが可能だ。

リスト入りしたうちの1人は「生活には何の影響もない。今も何度も海外を旅行して楽しんでいる」と気にかける様子はない。

一方、フランス航空業界のブラックリストに入れられた場合は、航空券の購入や搭乗が制限されるなどの罰則がある。

しかし、中国の航空会社にはやはり罰則がない。中国人の海外旅行者数は昨年、延べ1億2200万人に達した。海外での「非文明的な行為」を抑制するため、何らかの対策が必要ではないだろうか。

Record china 配信日時:2017年6月18日
http://www.recordchina.co.jp/b181469-s0-c30.html

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 19:57:36.99 ID:AupFmsVC
"ムダ毛付き水着"にネットが衝撃 「マジ無理」「でも欲しくなる」【画像】
http://bbynew.s1001.xrea.com/9.html ddsf

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 20:06:34.62 ID:acAIs1eH
>29人が観光局のブラックリスト入り

中共 重鎮の御曹司 何をしようが手を出せない

4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 20:08:53.75 ID:VHVdb3WP
マナー違反程度で生活に支障をきたさせるような罰を与えるのは駄目だろw

5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 20:18:18.34 ID:KKXKZkyl
党が引っ張りたい奴が出たら口実に使うんだろ

6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/18(日) 20:24:25.64 ID:7AZRkiqr
恐ろしいことだが、日本で醜悪な真似して回る中国人も本国では中の上以上の階級の連中なんだぜ。

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2017/06/19(月) 00:49:58.19 ID:MHp9L/JC
『中国は愛せない』と分かりました。
若者ら、洗脳教育に反発、
抗議デモ「雨傘運動」へ

2014年9月から12月にかけての79日間、香港中心部の幹線道路を若者らが占拠した大規模デモ「雨傘運動」。
中国共産党政権の主権が及ぶ地域では、1989年6月に起きた「天安門事件」以降で、最大級の民主化要求デモだった。

「雨傘運動はここから始まりました」。香港の大学生、黄之鋒君と周庭さんの2人は、香港政府本部と立法会(議会)に接する
「公民広場」と呼ばれる中国国旗と香港の旗の掲揚台前でこう話した。返還の前年に生まれた2人は20歳だ。

雨傘運動が始まる直前に学生らの動きを警戒した政府が、広場前に高いフェンスを作り、監視カメラも配置。

だが、当時まだ高校生だった黄君らを含む学生らは14年9月28日未明、選挙制度の民主化を要求してフェンスを乗り越えて掲揚台を占拠。抗議を始めた。

この公民広場には因縁がある。香港政府が12年9月の新学期から、「道徳・国民教育科」を小中学校で義務化する方針を示した際、
16歳だった黄君らは、「学民思潮」という中高生の組織を作って反発。

8月に公民広場でハンガーストを決行した結果、政府方針を撤回に追い込んだ経験がある。

なぜそこまで反発したのか。周さんは「返還後の香港で育った私たちは小さい頃から『中国』は素晴らしいと教えられてきましたが、
10歳頃から『一党独裁』との“矛盾”に気づき、『中国は愛せない』と分かりました」と話す。

政府が導入を予定していた科目は“愛国教育”とも呼ばれ、「中国を愛せ、中国共産党を愛せ」との内容で、
香港市民の間でも「洗脳教育だ」と抗議デモが起きていた。

混乱拡大を懸念した梁振英行政長官は、12年秋に共産党大会を控えていた中国の胡錦濤指導部と協議。導入を撤回した。

その12年の勝利の後、14年には敗北を喫した雨傘運動をバネに、黄君らは16年4月、「民主自決」を掲げた政党「香港衆志」を立ち上げて、
同年9月の立法会選で23歳の羅冠聡党首を史上最年少で当選させた。

さらに20代の若者を中心に「香港独立」を打ち出した「青年新政」も当選者を出し、機運が高まった。

だが、そこから習近平指導部の“反撃”が本格化する。北京の意をくんだ香港の高等法院(高裁)が、当選した青年新政の新人議員2人の「就任宣誓」をめぐって資格を剥奪。
李克強首相は3月、全人代での演説で、「“香港独立”に前途はない」と初言及した。

親中派の重鎮で立法会前議長の曽●成氏は、7月1日の返還20年式典で香港を訪れる予定の習氏が、
「次期長官の林鄭月娥氏に、香港で国家分裂や反逆などを禁じる条例制定を求めるだろう」とみる。

新疆ウイグル自治区やチベット自治区並みに弾圧する狙いだ。5年に1度の党大会を今秋に控えた習氏。強硬策に出るか、混乱は回避するのか。まだ見えてこない。

香港衆志の秘書長(幹事長)を務める黄君、副秘書長の周さんは15日、都内で記者会見を開き「香港の窮状」を日本から訴える。(香港 河崎真澄)

【用語解説】雨傘運動

2017年3月の香港行政長官選から民主派の候補者を事実上、排除する制度を中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会が14年8月、
一方的に決めたことに反発した香港の若者らが、同年9〜12月に起こした大規模な街頭占拠デモ。
香港警察がデモ隊に向けた催涙スプレーから身を守るため、学生らが使ったカサが象徴となって雨傘運動と呼ばれた。
最大10万人以上が参加した。デモ隊はテントを張って幹線道路を占拠。「候補者に制限を設けない1人1票の真の普通選挙」を求めて抗議したが、12月11日までに強制排除された。

http://www.sankei.com/world/news/170614/wor1706140019-n1.html

http://www.sankei.com/images/news/170614/wor1706140019-p1.jpg

(産経ニュース、2017年6月14日)

7 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)