5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

日本の批評・哲学総合スレ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :考える名無しさん:2016/05/18(水) 21:16:49.76 0
今読むべきは何か?

2 :考える名無しさん:2016/05/18(水) 21:23:04.20 0
ふたりエッチ

3 :考える名無しさん:2016/05/19(木) 09:09:27.80 0
蓮實重彦

4 :考える名無しさん:2016/05/19(木) 20:05:59.61 0
> 蓮實重彦さん、報道陣に「馬鹿な質問はやめていただけますか」 三島由紀夫賞を受賞

5 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 13:13:10.07 0
文芸批評:小林秀雄(東大卒)
映画批評:蓮實重彦(東大卒)
アニメ批評:空席(東大卒)
ゲーム批評:空席(東大卒)
マンガ批評:空席(東大卒)

小林秀雄と蓮實重彦という巨壁に挑戦するのはコストパフォーマンスが悪過ぎる
アニメ、ゲーム、マンガの批評は殆ど誰も本気でやってないから批評家目指すなら狙い目だぞ
ろくにアニメも見もしない、ゲームをやりもしないのに上っ面だけ舐めてアニメ批評、ゲーム批評してる馬鹿な自称批評家は沢山いるが

6 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 13:16:45.69 0
ドラクエFFを一本もクリアしたことないのに、ゲーム批評やり始める身の程知らずの馬鹿がいたけど
そういう最低限の鑑賞蓄積がないのに、そのジャンルの批評をやるのはやめて欲しい
批評に対する冒涜以外のなにものでもない

7 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 13:19:39.80 0
エロゲとかサウンドノベルしかプレイした事ないのにゲーム批評をするのは本当に恥ずべき事
その行為に恥の意識を感じない人は批評家ではなくてただの業界ゴロの詐話師でしかない

8 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 13:45:16.60 0
現代日本最高の批評家であり、最後の批評家とも言われる蓮實重彦

蓮實重彦インタビュー──リアルタイム批評のすすめvol.1
http://flowerwild.net/2006/11/2006-11-08_133443.php

蓮實重彦インタビュー──リアルタイム批評のすすめvol.2
http://www.flowerwild.net/2006/12/2006-12-04_102306.php

蓮實重彦インタビュー──リアルタイム批評のすすめvol.3
http://www.flowerwild.net/2007/01/2007-01-08_021607.php

9 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 16:56:47.90 0

sssp://o.8ch.net/c3m8.png

10 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 16:57:36.37 0

sssp://o.8ch.net/c3ma.png

11 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 17:16:35.48 0
>>5
こいつは「蓮實は文三一浪だが東は文一現役」みたいなこと言うバカと同類

12 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 18:09:17.05 0

sssp://o.8ch.net/c3o5.png

13 :考える名無しさん:2016/05/20(金) 19:08:39.39 0
>>2
ヨーロッパでも読み返されている

14 :考える名無しさん:2016/05/21(土) 04:14:46.17 0
10年代後半

15 :考える名無しさん:2016/05/22(日) 16:21:11.91 0
・思想史
『日本人は思想したか』(1995)吉本隆明、中沢新一、梅原猛

・ニューアカ以降
『ニッポンの思想』(2009)佐々木敦

・京都学派
『日本哲学原論序説』(2015)檜垣立哉

・近代の超克1
『近代の超克』(1979)河上徹太郎 ほか

・近代の超克2
『季刊・思潮 No.4 近代の超克と西田哲学』(1989)廣松渉、浅田彰、市川浩、柄谷行人

・精神史1
『日本精神史』(2015)長谷川宏

・精神史2
『日本精神史研究』(1926)和辻哲郎

16 :考える名無しさん:2016/05/22(日) 17:54:33.48 0
> 『近代の超克』(1979)河上徹太郎 ほか
× 1979
○ 1943

17 :考える名無しさん:2016/05/22(日) 18:04:59.60 0
>アニメ、ゲーム、マンガの批評は殆ど誰も本気でやってないから批評家目指すなら狙い目だぞ

批評に値するような内容のものが減ってきているから
ねらい目どころかすぐに挫折するであろう
どれもオワコン化してきているから

18 :考える名無しさん:2016/06/12(日) 11:51:42.58 0
他にはどのようなものがあったかな?

19 :考える名無しさん:2016/06/29(水) 22:24:21.18 0
日本の本や思想を体系的に紹介したもの…

20 :考える名無しさん:2016/06/29(水) 23:29:06.20 0
中本裕之(なかもと ひろゆき)元弁護士(新62期)=長文=奈良県について(2016年2月)

性別: 男、未婚
年齢: 36歳以下(昭和54年4月2日以降生れ)
国籍: 日本人?(本人談: 2012/03/26 パスポート取得)
住所: 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)?
最寄駅: 近鉄・生駒線 竜田川駅?
実家: 不動産を所有する資産家の分家
家族: 実家で母親と同居、兄、弟、妹?、父親と確執?
母親: 世界真光(まひかり)文明教団の信者
宗教: 聖書は半分くらいしか読んでいない ←←←←←←←←New!
既往症: ノイローゼ(2013/1/15)
常用薬: リスペリドン(2013/1/7)
禁忌: 奈良駅には行けない事情がある
職歴: 元弁護士(新62期、大阪弁護士会、登録番号 41908)、LECでの答案添削、家庭教師
資格: TOEICスコア 680 (2011/10/01現在)
高校: 奈良県 私立帝塚山中学・高等学校卒?
大学: 京都大学法学部 大石眞ゼミ?
大学院: 関西地方の法科大学院修了
受験: 旧司法試験の東京での申込み状況を知っている
勉強: 合格まで10年かかった。『事例本』シリーズ(辰巳1997年〜絶版)を使用
ゼミ: 憲法のゼミに所属(本人談: 右寄りといえば右寄りの方)
奨学金: 毎月1万円返済、返済期間10年以上(2013/10/22現在)
体重: 63.6キロ(2011/12/20現在)
好物: 水炊き、うどん
好きなアニメ:  ザンボット3(1977年)、太陽の牙ダグラム(1981年)、聖戦士ダンバイン(1983年)
偏愛: 伊藤かな恵(声優)、明坂聡美(声優)、高倉陽毬(アニメキャラ) 、小・中学生のホモ
憧れ: 大学教授、公務員
常駐先: 緊急自然災害板(原発情報)、哲学板(千葉雅也、東浩紀)、模型板、声優板ほか
2012/09/01 小・中学生の時にホモってフェラするのが最も良い
2012/09/05 わたしはとにかく、奈良駅にはいけないのです。
2013/10/22 中途半端に頭がよかったのが不幸の始まるなのであろう。

21 :考える名無しさん:2016/06/29(水) 23:29:36.25 0
中本裕之(なかもと ひろゆき)元弁護士(新62期)=長文=奈良県について(2016年2月)

性別: 男、未婚
年齢: 36歳以下(昭和54年4月2日以降生れ)
国籍: 日本人?(本人談: 2012/03/26 パスポート取得)
住所: 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)?
最寄駅: 近鉄・生駒線 竜田川駅?
実家: 不動産を所有する資産家の分家
家族: 実家で母親と同居、兄、弟、妹?、父親と確執?
母親: 世界真光(まひかり)文明教団の信者
宗教: 聖書は半分くらいしか読んでいない ←←←←←←←←New!
既往症: ノイローゼ(2013/1/15)
常用薬: リスペリドン(2013/1/7)
禁忌: 奈良駅には行けない事情がある
職歴: 元弁護士(新62期、大阪弁護士会、登録番号 41908)、LECでの答案添削、家庭教師
資格: TOEICスコア 680 (2011/10/01現在)
高校: 奈良県 私立帝塚山中学・高等学校卒?
大学: 京都大学法学部 大石眞ゼミ?
大学院: 関西地方の法科大学院修了
受験: 旧司法試験の東京での申込み状況を知っている
勉強: 合格まで10年かかった。『事例本』シリーズ(辰巳1997年〜絶版)を使用
ゼミ: 憲法のゼミに所属(本人談: 右寄りといえば右寄りの方)
奨学金: 毎月1万円返済、返済期間10年以上(2013/10/22現在)
体重: 63.6キロ(2011/12/20現在)
好物: 水炊き、うどん
好きなアニメ:  ザンボット3(1977年)、太陽の牙ダグラム(1981年)、聖戦士ダンバイン(1983年)
偏愛: 伊藤かな恵(声優)、明坂聡美(声優)、高倉陽毬(アニメキャラ) 、小・中学生のホモ
憧れ: 大学教授、公務員
常駐先: 緊急自然災害板(原発情報)、哲学板(千葉雅也、東浩紀)、模型板、声優板ほか
2012/09/01 小・中学生の時にホモってフェラするのが最も良い
2012/09/05 わたしはとにかく、奈良駅にはいけないのです。
2013/10/22 中途半端に頭がよかったのが不幸の始まるなのであろう。

22 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 10:22:08.84 0
日本人批評家

存命中
(1941〜)柄谷行人
(1939〜)西部邁
(1936〜)蓮實重彦
(1935〜)西尾幹二
(1934〜)山崎正和
(1933〜)小堀桂一郎
(1932〜)桶谷秀昭
(1931〜)大岡信
(1930〜)饗庭孝男
(1930〜)高橋英夫

23 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 10:23:54.39 0
日本人批評家

死後50年以内
(1932〜1999)江藤淳
(1931〜1987)磯田光一
(1925〜2012)丸谷才一
(1925〜2004)中野孝次
(1924〜2012)吉本隆明
(1923〜1989)上田三四二
(1920〜1975)村上一郎
(1919〜2008)加藤周一
(1915〜2007)小西甚一
(1913〜2012)吉田秀和
(1913〜1979)荒正人
(1912〜1994)福田恆存
(1912〜1977)吉田健一
(1911〜1988)中村光夫
(1910〜1981)保田與重郎
(1910〜1977)竹内好
(1909〜1974)花田清輝
(1907〜1988)山本健吉
(1907〜1978)平野謙
(1907〜1966)亀井勝一郎
(1905〜1969)伊藤整
(1904〜1988)桑原武夫
(1904〜1980)唐木順三
(1903〜1975)林房雄
(1902〜1983)小林秀雄
(1902〜1980)河上徹太郎
(1879〜1962)正宗白鳥
(1868〜1904)斎藤緑雨

24 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 10:27:47.72 0
日本人批評家に関しては柄谷行人を最後に絶滅した
存命中で一番重要な批評家は西尾幹二かな

25 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 10:35:25.80 0
西尾幹二VS大江健三郎は歴史に残る名勝負だった
平成論壇のハイライト

26 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 10:37:50.70 0
保田與重郎とかマニアック過ぎる
批評オタでも読んでる人が殆どいない
しかし重要な批評家だ

27 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 11:10:53.00 0
西尾幹二のどこが重要なんだか
おまえの感受性が衰えただけ
そして保田與重郎はマニアックでもなんでもない

28 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 14:42:25.59 0
東浩紀が保田與重郎を読んでるとは到底思えない
よって保田與重郎はマニアック

29 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 20:06:20.44 0
最大やら巨人やら重要やらの形容が
世の中で小馬鹿にされて15年ほど。
しかも、誰も困らない。

強いて言えば重要なのは柄谷行人だろうが、
それでも世への影響力など現在、ほとんど無いだろう。

30 :ixtlan:2016/06/30(木) 20:54:31.46 0
 ここ2年ぐらいで、いわゆる日本再評価の本をずっとあさっていて、太平洋戦争とか、東京裁判の話も見てみて、我々はほぼ何を知らなかったのだなと思った。

 戦争罪悪感刷り込みプログラムというのがあったが、まさにそれが見事に機能してしまった。

 そのうえ、『逝きし世の面影』などのような、日本の原風景を語るものも読むと、一体、我々の教養は何たったのか、と虚脱感に囚われた。

 このような状況でも、日本人が日本についてまともに考えるなどというのはありえない。

 つまり、我々にとって哲学とは第一に西洋哲学だったのだが、それは戦後の<洗脳>のせいではないかと言いたいのだ。

 戦後、日本であることはすべて剥奪されたので、西洋に目線が行かざるを得ず、後になってアンチ西洋として東洋思想への目線が開発され、一番最後に日本思想がやってくるというコースしかない。

 それでも、そんな時間などないから、結局は日本思想など好事家のたしなみ程度になっている。

 だから相変わらず、日本の哲学はハイデガーだのアドルノだの、分析哲学だのに今後も明け暮れよう。

 しかしハイデガーが自国に注ぐ目線など、西部のような右巻きは例外として、日本の哲学研究者には絶対ありえない話である、このままでは。

31 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 21:25:05.43 0
それ一番頭の悪い読書経験だぞ
なんとかしろ

32 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 21:30:42.58 0
在野の陰謀論おじさん誕生の瞬間をみた

33 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 22:42:35.09 0
保田與重郎なんて生まれて初めて聞いたよ
お前ら読書家過ぎる

34 :考える名無しさん:2016/06/30(木) 22:45:46.90 0
保田與重郎は戦後論壇においては所謂戦後知識人から徹底的に批判されて苛め抜かれていたらしい

35 :考える名無しさん:2016/07/01(金) 04:46:44.38 0
そうやって「不当な迫害」を演出するなよ
保田與重郎は諸々足りてなかった

36 :考える名無しさん:2016/07/06(水) 21:01:20.98 0
サブカル系よりも、普通の哲学らしい哲学が
読まれる様になってきている感じがする。

37 :考える名無しさん:2016/07/06(水) 23:24:52.86 0
中本裕之(なかもと ひろゆき)元弁護士(新62期)=長文=奈良県について(2016年2月)

性別: 男、未婚
年齢: 36歳以下(昭和54年4月2日以降生れ)
国籍: 日本人?(本人談: 2012/03/26 パスポート取得)
住所: 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)?
最寄駅: 近鉄・生駒線 竜田川駅?
実家: 不動産を所有する資産家の分家
家族: 実家で母親と同居、兄、弟、妹?、父親と確執?
母親: 世界真光(まひかり)文明教団の信者
宗教: 聖書は半分くらいしか読んでいない ←←←←←←←←New!
既往症: ノイローゼ(2013/1/15)
常用薬: リスペリドン(2013/1/7)
禁忌: 奈良駅には行けない事情がある
職歴: 元弁護士(新62期、大阪弁護士会、登録番号 41908)、LECでの答案添削、家庭教師
資格: TOEICスコア 680 (2011/10/01現在)
高校: 奈良県 私立帝塚山中学・高等学校卒?
大学: 京都大学法学部 大石眞ゼミ?
大学院: 関西地方の法科大学院修了
受験: 旧司法試験の東京での申込み状況を知っている
勉強: 合格まで10年かかった。『事例本』シリーズ(辰巳1997年〜絶版)を使用
ゼミ: 憲法のゼミに所属(本人談: 右寄りといえば右寄りの方)
奨学金: 毎月1万円返済、返済期間10年以上(2013/10/22現在)
体重: 63.6キロ(2011/12/20現在)
好物: 水炊き、うどん
好きなアニメ:  ザンボット3(1977年)、太陽の牙ダグラム(1981年)、聖戦士ダンバイン(1983年)
偏愛: 伊藤かな恵(声優)、明坂聡美(声優)、高倉陽毬(アニメキャラ) 、小・中学生のホモ
憧れ: 大学教授、公務員
常駐先: 緊急自然災害板(原発情報)、哲学板(千葉雅也、東浩紀)、模型板、声優板ほか
2012/09/01 小・中学生の時にホモってフェラするのが最も良い
2012/09/05 わたしはとにかく、奈良駅にはいけないのです。
2013/10/22 中途半端に頭がよかったのが不幸の始まるなのであろう。

38 :考える名無しさん:2016/07/18(月) 11:26:37.42 0
西谷啓治、久松真一、柳宗悦

39 :考える名無しさん:2016/09/10(土) 19:06:06.97 0
波多野精一

40 :考える名無しさん:2016/09/10(土) 19:16:34.15 0
0094 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2016/09/08 22:27:26
喫煙率と偏差値は反比例する。
これは事実。
馬鹿専門学校の生徒は登下校のとき100%吸っている。
社会的地位の低い職業ほど喫煙率が高いのも事実。
ニコヨンはみんな吸う。
塗装工も全員吸う。
煙草を吸わない土方なんて見たこと無いよ。
早婚多産のドキュソ。
子供作るしか能がない。
子供には変な名前をつける。
例えば翔。
馬鹿の象徴の様な名前。
ユウキ、ダイキなどもドキュソ名の典型。
女の子にはキャバクラ嬢みたいな名前をつける。
馬鹿な下等動物、それがドキュン。
そのドキュンの最大の特徴が喫煙。

喫煙率

_0.6% 京都大学1回生女子
_3.0% 京都大学1回生男子
_4.3% 高校3年生女子
13.0% 高校3年生男子
94.6% 少年鑑別所に入所した女子
96.5% 少年鑑別所に入所した男子

41 :考える名無しさん:2016/09/11(日) 01:57:30.76 0
東浩紀 @hazuma 9月8日

シン・ゴジラと君の名は。を見て思ったのは、ひとことで言えば、オタクの時代は終わったんだなということですね。
第一世代のガイナックス系オタクと第二世代のセカイ系オタクの想像力が、同時に社会派になりリア充化し、オタク特有のぐずぐずしたどうしようもない部分がすっぱり消えた。

42 :考える名無しさん:2016/09/11(日) 19:45:19.62 0
この人は結局デリダもオタクも全部どっちつかずな態度という視点にまとめたいんだな

43 :考える名無しさん:2016/09/11(日) 20:47:13.29 0
本人がそういうやつだから

44 :考える名無しさん:2016/09/11(日) 23:43:23.74 0
昔は、社会問題にコメントするにしても
デリダ的な決定不可能性を持ち出して「何とも言えない」とか言っていたけど、
最近はリスクを承知で、言うべきことを言ってたりするようなところもあると思う。

45 :考える名無しさん:2016/09/12(月) 00:39:38.13 0
歳とって欲が出てきたんだろう
あと最近影がうすいから注目浴びたいからってトコロも

46 :考える名無しさん:2016/09/12(月) 01:19:25.33 0
オタクがカウンターカルチャーから完全にメインカルチャーになったってことね

47 :考える名無しさん:2016/09/12(月) 04:17:24.80 0
じゃあ次のカウンターカルチャーは
SEALsのような活動がそれに該当していたんだろうか

48 :考える名無しさん:2016/09/15(木) 16:26:21.51 0
救貧カルチャーだろ。次というか今来てるのは。

49 :考える名無しさん:2016/09/15(木) 17:24:48.93 0
古今東西の香ばしい哲学者をご紹介する

50 :考える名無しさん:2016/09/15(木) 17:27:26.21 0
|: : | : ∨: : : :/ : : :/j:/  i : : ∧ : : : | : : : i🐚 )    "ー--      /
|: : | : .′: : /: : /,x≦{  | : / │ : : :| : : j |       (🐚 )     /
l: : |r┤: : :/ : : ,イ{_ノ::}   | /心イ : : :.l : :∧|  j   /////     /
:h: :| r{: : :/: :/〈{ { : W   j/ん/:} : : : l/ }}-‐'"ヽ.    )     /  どんがあ
|ヘ |ヽ|: :/:W }  ゞ-'    ム/: :|: : / ヘ j ` ー-`ー-一'′    /

51 :考える名無しさん:2016/09/16(金) 01:32:12.06 0
しかし、ウムの食い込みパンツョックんどんじゃろ?
オウムとか、システムの内外を区分し(堵)その内なる堵手饅とでも呼ぶべき      
ポエ世界を、常人より遥かに優れた形でDNAまでを特定する(虞)         
それが笑止千万の天才的おえッぷり知能(慧)。その世界は既に
AKBの食い込み汚れパンツにショックなんて受けてどうすんの。
舞台の上で「今(オシッコが)出た」と言って、ウムとか、
システムの内外を区分し(堵)その内なる堵手饅とでも呼ぶべき      
舞台をやりながらオシッコをしてしまう欺瞞を世界中にどんどん発信しろことだってざららしい。
大澤なんて、顔が林家ぺーに酷似してるこの欺瞞を世界中にどんどん発信しろ
キーワード【 ツノガライクリクリ 株式会社 No AKB 哲学 ビン 波平 】

52 :第三の波平(ただのリーマン) ◆kpxxLE2Sh. :2016/09/16(金) 04:15:18.71 0
発狂さん、上げ荒らしやめましょう。
10年間も毎日毎日糞スレ立てて、キモいAAで上げ荒らしして、なにがしたいんですか?
こんなことだから50歳職歴なしの社会不適合者なんじゃないんですか?
あなたの生活保護費はボクやみんなの貴重な税金から支払われているですよ。
みんなに迷惑かけて恥ずかしくないんですか?
あなたほんとにみんなと同じ日本人ですか?

そんなにやりたいならsageて誰にも知られない底で一人勝手にやってください。

53 :考える名無しさん:2016/09/16(金) 13:54:36.82 0
   
        ,,,ィ川川//ノソノ/r
      ,ィ巛彳"´     ` `゙ヾミ、、
     /ミミ、'゙            ヾ、、
    /彡彡ノ               ヾ、、
    /彡ノ,                  ヾ
   l彡彡ノr、                 ヾ
   |ノ/リノ//r;:.   __,,,、       ___ヾミ
   川川ノ,li/   /,,(°)'   :   ( 。)‐''ミ    どかんかん
   ヽ r  ヾミ           .::   ',      }
    ヽ `  ヾ'  .      ノ    `゙:、.  /
   //'ー‐ヽ    ヽ   / ヽ-=、,,,,ァヽ ,'
  /|ヽヽ;;;;;l  ',    ゙│"´    _ : l
/ |;;;ヽヽ;;;;l   ',       、, ‐"ェttェ 、ノ
  ヽ;;\\'  ヽ       ヽ`二 ´ノl
   ヽ;;;:\ \  \       `゙゙゙"´ /
    \;;;;ヽ. \   ` 、        /
      \;;;;ヽ `ー、   ` ー 、__/
                |

54 :考える名無しさん:2016/09/16(金) 19:57:26.26 0
        _,,xr==ニ==‐x  
       x≦圭圭テ´:::;;;;::`'寺圭ミ7、
  . /::`Y圭圭ア:::::::::彡''"ヾ:::::::::::::`ト、
   i:::ト、:Vエア:::::::::::::::ミ-=・=-ミ;;彡'':::: ミ:i       やはり若い娘の野ションだよ
   {:::i〈i:::}l/:::::::::::::::::::::::::=彡仆iミ::::::-=・=-        
   ‘;:V::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::{i::::::|!:::::::::彡イ
  . ∧z=::::::::::::::::::::::::::::::::;ィf::::::::::}::::::::::::::::i
  . /l7::::i:::::::::::::::::::::::::::/:::`¬=イi:::::::::::::::}
   ゞ干ミ} :     /  _J_ 丶    /'
    '、Yヾ :.    l  /ィ三三シ'^    /           
     ヾ.f'、:.:.    '´ '"~"'      /l'
      ヽ._):.:.、          ,. ' l   どんがあ
        トi、ヾ:.. 、     _,. - '   |
       /^ヾ!、丶 ` ¨""´         |
     /ヽ   丶、  `¨¨´       ト、
    /::::::::::丶、  `丶、  丶    | rゝ、

55 :考える名無しさん:2016/09/21(水) 23:21:31.46 0
この板ではサブカルよりも政治の話題の方が人気がある

56 :考える名無しさん:2016/09/21(水) 23:23:19.37 0
経済よりも宗教

57 :考える名無しさん:2016/09/21(水) 23:24:16.40 0
サブカルの良し悪しの話ではなくて

58 :考える名無しさん:2016/09/22(木) 18:15:07.18 0
ラップ調のダンスや音楽も今来ているな。

59 :考える名無しさん:2016/10/17(月) 23:33:26.54 0
磯部涼の『踊ってはいけない国』は面白かった。
豪華なメンツで、時代の空気感がうまく捉えられている。

モーリー・ロバートソン
「『ホール・アース・カタログ』を出したスチュアート・ブランドが、
その後いろんな考えを深めていくうちに、原発推進者になりました。」

なんというコペ転…。

60 :考える名無しさん:2016/10/21(金) 00:29:26.47 0
SEALDsが活動中には、一度も選挙に勝てなかったのに、
SEALDsが解散した途端、脱原発派が勝った。

61 :考える名無しさん:2016/10/21(金) 00:31:05.00 0
バリケードが必要な所もあるだろうが、
あるからこそだ。

62 :考える名無しさん:2016/10/21(金) 10:29:27.72 0
みたぞの当選ってシールズ解散前じゃないの
便所の落書きでもググるぐらいはしてから書けば?

63 :考える名無しさん:2016/10/21(金) 22:32:15.67 0
問題は、68年の思想が反省されないまま
運動だけが焼き直されて終わったということ。

音楽
68年:フリージャズ
今回:ラップ、ヒップホップ

デモ
68年:デモ+〜喫茶
今回:デモ+SNS

理論
68年:68年の思想
今回:68年の思想が反省されないまま反復

64 :考える名無しさん:2016/10/21(金) 22:32:56.72 0
15年〜16年は、国内でも重要な本が多く書かれたが、
この板の人達も、毎日コピペに明け暮れて、
反省を織り込むまでには至らなかった。

65 :考える名無しさん:2016/10/22(土) 11:35:56.61 0
レトリカルな定式化に淫して図式を優先させるのは哲学徒だろうと信用できない
定式化したがる観念論こそ哲学は警戒反省すべき

66 :考える名無しさん:2016/10/23(日) 17:07:36.12 0
>>65
では、SEALDsやその周辺の運動はどういうものだったの?
模範解答を示してもらえる?

67 :考える名無しさん:2016/10/23(日) 21:43:05.95 0
別に語るほどの内容は無かったと思いますね。
私は最近は哲学書はあまり読まず「黒部の山賊」や「道迷い遭難」を読んでいます。

哲学者評論の類は思想哲学としてはレベルが低い分野だと思います。
評論という時点で哲学してないわけですから。

by 鼎 梯仁

68 :考える名無しさん:2016/10/23(日) 21:56:25.98 0
  Y! ....     !:::::≧===、 _::;__ノ__   --、!
  __V!=====、_,ィ´ ___ i!--───‐ヽ / /` 、!
 Y=={、──ァi! ̄、ョ ´¨ ̄-ィ・||  U     | ! {-、 | | 
. 八 ノ ´ ̄  ノu  \__ ノ u     u.ゝ'、__ノノ |
   ゝ ──イr'  - u^ヽ.               ´   /j  

69 :考える名無しさん:2016/10/23(日) 22:21:43.35 0
中華の威圧に半べそ

70 :考える名無しさん:2016/10/24(月) 19:31:57.28 0
毎日独語仏語原初と格闘してんのに哲学捨てた奴扱いされちまった

71 :考える名無しさん:2016/10/24(月) 20:52:31.90 0
外国語で原書をやる能力と、哲学の能力は別問題
努力と才能も別

72 :考える名無しさん:2016/10/24(月) 20:53:40.12 0
で、万国の極左が結集するこの板で、
SEALDs支持の意見は一つもないの!?

73 :考える名無しさん:2016/10/24(月) 22:51:59.80 0
sealdsは支持するしないよりも触発されるかされないかだろ。
心の中でただ支持するだけではどうしようもない。

74 :考える名無しさん:2016/10/25(火) 00:20:11.07 0
そもそも共産党やシールズは思想哲学分野とは対極の人たちだと思うんですよね。
全てが動物的センチメンタリズムに基づいていると言いましょうか。

もっとも私も専門スレを立ててユニークな独自思想を展開しておりますが、
今のところ反響はさっぱりで蟠渓で釣り糸を垂らす太公望呂尚の心境です。

左翼思想よりシグマ思想の方が余程、面白いと思うのですが如何でしょうか?

by 鼎 梯仁

75 :考える名無しさん:2016/10/25(火) 05:09:42.14 0
哲学者って権力主義なの?

76 :考える名無しさん:2016/10/25(火) 22:18:20.18 0
SEALDs "TO BE"(「最後のメッセージ」)
https://www.youtube.com/watch?v=Xl6GtoAb_dM

SEALDs選書 102冊選書リスト
https://uploads.strikinglycdn.com/files/a6d6b6f3-8af0-49e3-8f43-6f4004d3c764/SEALDs_102_books.pdf

77 :考える名無しさん:2016/10/25(火) 22:19:45.94 0
>>73
それは受け手の態度の話でしょ?
SEALDsの話がない。

78 :考える名無しさん:2016/10/25(火) 23:45:32.19 0
>>75
そうだよ
知=権力

79 :考える名無しさん:2016/10/26(水) 22:48:14.35 0
>>75
権力主義ではなく権威主義というのだと思います。

手前味噌ですが私は今どき珍しいどの派閥にも属さない本格的な思想家なのですが、
ちょうど専門スレの第一章が佳境を迎えておりますので、
よろしければ下記のスレの>>900以降あたりをチェックして頂ければと思います。
それで興味が湧いたら>>1から読んでみる感じです。
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/philo/1443715777/l50

>>78
知識は労力の対価なのかも知れませんが、知性は労力の対価ではないのです。
ですので知識が権力になったりはしませんし、そのような事実もないと思います。

by 鼎 梯仁

80 :考える名無しさん:2016/10/27(木) 22:06:08.90 0
オキュパイ・ウォールストリートは、
「1%の富裕層とその他99%」というスローガンを作ったのが上手かった。
運動が終わってからも引用されることが多い。

その点、SEALDsは「アベ政治を許さない」、「安倍やめろ」、
ぐらいしか思い出せない。

81 :考える名無しさん:2016/10/27(木) 22:06:31.14 0
国会前はよく集まったと思うけど、
日本は雨が降りやすいから、ヨーロッパや中東の様な
規模のものは難しいだろう。

82 :考える名無しさん:2016/10/27(木) 22:07:14.61 0
いずれにしても、参院選の結果、
改憲勢力が自社さ政権や小泉ブームを上回わっている状況。

83 :考える名無しさん:2016/10/28(金) 08:29:07.40 0
官僚が自民党にしか忠誠誓わない国なんだから、
反対派が現状のようになるのはある程度しかたないっしょ
ここ認めないとただのシニシズムになるわ

84 :考える名無しさん:2016/10/28(金) 08:30:38.03 0
中国共産党と人民解放軍すなわち「党の軍隊」みたいな関係とほぼ一緒の関係が、
自衛隊や警察と自民の間にもある
たかが民進党程度の保守系リベラルですら「反日」と思い込む扇動に乗せられる馬鹿が多いんだから

85 :考える名無しさん:2016/10/28(金) 21:18:19.57 0
政治には右と左どちらの役割も必要だし、
その両方が同時にあって機能するもの。

86 :考える名無しさん:2016/10/29(土) 23:43:08.42 0
"1968年"関連

<日本>
『1968 (思想読本)』 絓秀実 (2005) [運動、グローバル]
『グローバル・ヒストリーとしての「1968年」』 西田 慎 (2015) [運動、グローバル]
『「1968年」時代転換の起点』 岡本 宏 (1995) [運動、グローバル]
『1968 上・下』 小熊 英二 (2009) [運動、大学別闘争]
『1968年文化論』 四方田 犬彦 (2010) [文化]
『1968年』 毎日新聞社 (1998) [報道写真、グローバル、ムック]
『新左翼とは何だったのか』 荒 岱介 (2008) [新左翼]
『新左翼の遺産 ニューレフトからポストモダンへ』 大嶽 秀夫 (2007) [新左翼]

<フランス>
『1968年の世界史』 アラン・バディウ (2009) [運動、グローバル]
『68年の思想 現代の反-人間主義への批判』 リュック・フェリー (1998) [思想]
『サムライたち』 ジュリア・クリステヴァ (1992) [思想]
『1968パリに吹いた「東風」』 リチャード・ウォーリン (2014) [思想、マオイズム]
『フランス現代思想 : 一九六八年以降 』 キース・リーダー (1994) [思想]
『68年5月』 ローラン・ジョフラン (2015) [運動]
『パリ五月革命私論 転換点としての68年』 西川 長夫 (2011) [運動]
『パリ五月革命と日本人留学生』 舩岡 末利 (2008) [運動]

<ドイツ>
『1968年 反乱のグローバリズム』 ノルベルト・フライ (2012) [運動、グローバル]
『ユートピアの終焉 過剰・抑圧・暴力』 ヘルベルト・マルクーゼ (2016) [理論]
『ドイツを変えた68年運動』 井関 正久 (2005) [運動]

<南北アメリカ>
『反システム運動』 I・ウォーラースティン (1998) [理論]
『キング牧師とマルコムX』 上坂 昇 (1994) [運動]
『ラテンアメリカ1968年論』 小倉 英敬 (2015) [運動]

87 :考える名無しさん:2016/10/29(土) 23:44:05.14 0
『サムライたち』には「構築破壊(コンデストリュクシオン)」を掲げる"サイダ"が出てくる。

88 :考える名無しさん:2016/10/30(日) 14:21:33.16 0
「68年の思想を反省する」というのは、
少なくともデリダやクリステヴァの問題点や限界を超えて
その先へ行くこと。

89 :考える名無しさん:2016/10/30(日) 14:22:07.96 0
今時、新書で読む現代思想の入門書にも「デリダ以後」とある。

90 :考える名無しさん:2016/11/01(火) 00:34:19.50 0
>>63
火気類
68年:火炎瓶
今回:極左スレ炎上(後コーヒーによって鎮火)

91 :考える名無しさん:2016/11/12(土) 00:07:01.90 0
奇形グック女子wwwwwwwwwwwwwww


http://livedoor.blogimg.jp/netasaka/imgs/b/c/bc738f01.jpg


奇形グック男子wwwwwwwwwwwwwww


http://livedoor.blogimg.jp/sdtnk55-2ch/imgs/c/b/cbb9aba4.jpg

92 :考える名無しさん:2016/11/13(日) 16:15:48.31 0
>>81は訂正

昨日、韓国で行われたデモは、警察発表で26万人だそう。
http://i0.wp.com/kaigai-matome.net/wp-content/uploads/2016/11/img1478947068.jpeg

やり方次第か。

93 :考える名無しさん:2016/11/21(月) 22:30:47.16 0
韓国は2週連続で数十万規模のデモを行った。

米大統領選の直後で、
韓国の国家的行事ともいえる受験シーズンにあたる。

大統領支持率は過去最低で、デモの規模は史上最大。
与党を追い込んだ形の、よく計算されたデモだと思う。

94 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:10:01.64 0
SEALDsは祈りまくってるんだけど大丈夫?

https://www.youtube.com/watch?v=Xl6GtoAb_dM

95 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:33:00.34 0
具体的な事実に合わせて定義を作ってはいけないなんてルールはありません。
単にそのような定義は、他の具体的事例に合わなくなって、その定義の有用性
が失われるだけのことです。

96 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:36:31.91 0
やってはいけないのは、定義に合わせて具体的な事実を恣意的に取捨選択する
ことや、具体的な事実を作り上げることです。

97 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:37:41.74 0
定義がどうの、事実がどうのという以前に思考の訓練ができていない感じです。

98 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:45:27.03 0
ところで、ユダヤ教徒に改宗したトランプの娘は、ユダヤ人なのでしょうか。
その子供はユダヤ人なのでしょうか。ネタニヤフのつるんでいるといわれて
きたブライバート・ニュースのバノンは、白人至上主義の反ユダヤ主義者
なのですか?イスラエル国内でも、エリートは欧州から移民したユダヤ教徒
の子孫ばかりで、中東のユダヤ教徒、ミズラヒムの地位はとても低いという
話ですが、これは「ユダヤ人差別」の一形態なのでしょうか。

99 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 14:47:08.16 0
「ユダヤ人」および「ユダヤ系○○人」の定義を教えてください。

100 :というか人種の定義は?:2016/11/23(水) 14:48:49.16 0
教えてください。

101 :考える名無しさん:2016/11/23(水) 15:00:02.14 0
>>98
訂正:ネタニヤフと

102 :考える名無しさん:2016/11/24(木) 23:24:48.36 0
真理を発見しました (哲学系)
http://p.booklog.jp/book/106489/read

無料の電子書籍です!

103 :考える名無しさん:2016/12/06(火) 19:04:01.10 0
モーリス・ヴァレンシー 『恋愛礼賛―中世・ルネサンスにおける愛の形』

104 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 12:52:06.87 0
東浩紀、「批評という病」=言葉と現実の不一致『ゲンロン4』。

105 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 15:14:56.36 0
東は柄谷のアメリカでの経験を踏まえて、日本の批評を上記の如く説明しているが、
アメリカの方が知識層とそうでない層、現実との隔絶が激しいんじゃないかと思ってみたり。

106 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 19:03:43.95 0
ゲンロン4を短くまとめると何が書いてあるの?
twitter見てても具体的な感想はほとんどないよね

107 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 19:26:14.55 0
批評が批評されている。

108 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 19:41:57.84 0
それはぜんぜん新しくないね

109 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 19:46:08.79 0
一応離れた客を呼び込もうとして共同体にしようとしているみたいだけどね。
東浩紀と浅田彰との対談目当てで自分は買った。

110 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 19:47:18.65 0
https://youtu.be/8fPmkq1CkCU

https://youtu.be/PR6r40GbIfk

111 :考える名無しさん:2016/12/08(木) 20:32:26.97 0
ゲンロン4 現代日本の批評III - 2016/12/7

昭和から平成の言論史を徹底総括、批評を未来に開く
「現代日本の批評」ついに完結!

【特集:現代日本の批評III】
創刊号に始まる「現代日本の批評」の完結編。
共同討議では東浩紀・市川真人・大澤聡・佐々木敦・さやわかが、2001-2016年の批評史を一挙に総括。
批評とネットの現代史を網羅した折込年表は過去最大のボリューム!
浅田彰への4万字インタビューでは、その個人史と戦後日本社会の歩みが重ね合わされる。
杉田俊介、五野井郁夫、ジョ・ヨンイルの論考も必読。21世紀の批評はこれを読まずして語れない!

【特別掲載/充実の連載陣】
巻頭は山口二郎・津田大介・東浩紀の「リベラルは再起動するか」。参院選・都知事選の結果を踏まえ、リベラル復活の条件を問う。
黒瀬陽平、速水健朗、井出明らの評論に加え、タイ文学界のカリスマプラープダー・ユンの随筆が連載開始。
海猫沢めろんの小説、国際色豊かなコラムなど連載陣も充実!

112 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 10:57:34.55 0
京大の「同学会」と書くべきところを「同好会」と書いている部分があるな。

113 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 16:49:37.79 0
佐々木敦がオタクと文化左翼を類似したものと見るのは
まあまあ当たってるのかもしれん。

114 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 16:55:56.61 0
内向きだという点で。

115 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 17:09:39.26 0
https://twitter.com/kumapooh0301/status/806176711578558464

116 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 17:43:28.58 0
佐々木敦
それは仕方のないことだとも思う。でも僕はどうにも苦手なのだ。
どれだけ居心地が良くても、友だちの友だちしか居ない世界、知り合いの知り合いしか見当たらない世界はやはり嫌なのだ。
コミュニケーションとコミットメントよりも、ディスコミュニケーションとアイソレーションに与したくなってしまう。

シェンロン 🐉
佐々木敦のケンカをしない力を見習いたい。「ケンカをしない力」という新書を書いて欲しいくらい。
帯文は「なぜ僕はxxxらと付き合ってこれたか」でそうそうたる布陣の名が

こややし
ゲンロン4現代日本の批評における基調報告、佐々木敦「ニッポンの文化左翼」って、東浩紀の巻頭言「批評という病」への批判になっている。
そこで求められている批評の読者=観客というのが、
実は「徹底的な肯定であり、ファンコミュニティの強化と、そのひたすらな確認」を求められているという点で。
6 Dec 2016

117 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 19:26:23.81 0
https://twitter.com/hazuma/status/806307196917010432

118 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 20:51:25.68 0
>>111
結構おもしろいね。
これは必読。

119 :考える名無しさん:2016/12/09(金) 20:52:15.08 0
浅田彰4万字インタビュー
「マルクスから(ゴルバチョフを経て)カントへ ― 戦後啓蒙の果てに」
聞き手:東浩紀

120 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 09:09:26.90 0
まったく内容がない感想ばかり

121 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 10:06:52.62 0
浅田彰がペレストロイカのことをデリダを踏まえて
上部構造からの脱構築=リビルディングと言っていたのは新鮮だった。

122 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 10:33:45.62 0
デリダはユダヤ人だよ
脱構築ってユダヤ哲学じゃん

123 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 10:40:47.85 0
90年代の流れを振り返って、
「事件が起こるたびに社会学者や心理学者が競って発言し、
社会全体の病理を象徴するような過剰な意味をそこに読み込んで騒ぎ立てる。
この盛り上がりはいったいなんなのか。
マルクス主義的な下部構造決定論に回帰するのではないにせよ、
やはり経済や政治の問題のほうがはるかに重要ではないのか。
この考えはいまも変わりません。」
とも言っている。

124 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 10:43:31.24 0
マルクスもユダヤ人だよ

125 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 10:50:58.68 0
個人的にはマルクスも大事だけど、それ以前の流れがかなり重要だと思うので、
今年復刊されたフォイエルバッハの『キリスト教の本質』をいま読んでいる。
マルクスは『ユダヤ人問題によせて』を書いているから、
それの理解に役立つ気がする。

126 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 11:03:23.87 0
ユダヤ人が言うことは話半分に聞いとくべき
言ってることと考えてることは別だから

127 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 11:06:34.69 0
マルクスとユダヤ人問題
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/rb/625/625pdf/kandaju.pdf

128 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 19:56:27.20 0
そのリンク先を読んだ
マルクスの同族批判は学説的に通説なの?

129 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 20:15:22.15 0
ユダヤ人を批判しないやつはむしろどうかしている
しかしマルクスは、詐欺師だ!

130 :考える名無しさん:2016/12/10(土) 23:40:56.42 0
頭悪い陰謀論者かよw
知的になれよ

131 :考える名無しさん:2016/12/11(日) 00:46:05.32 0
陰謀がないとでも?
ほんとに? ほんとに?

132 :考える名無しさん:2016/12/13(火) 10:58:11.91 0
しかし批評を壊した張本人の東が
批評再生とかマッチポンプすぎて笑っちゃうな

どんな文化でもそうだけど
ある文化を保護しているのは自意識が低く保守的な人たち(大澤信亮ら)
それは古くて退屈なんだけど価値があり結果的に残っていく
それを破壊するのは小利口な奴(東浩紀)
退屈でつまらないことと自意識を発動させていじり出す(美少女ゲーム批評)
時間が経ってより利口になりやっとその価値を理解し出すが
その頃にはもうその文化の持つ価値が失われてるというね

133 :考える名無しさん:2016/12/13(火) 13:06:33.59 0
東先生が批評のハードルを下げたせいで
本来なら批評家を名乗るべきではないレベルの低い生徒たちが
ぞくぞくと飛び越えてきましたとさ

134 :考える名無しさん:2016/12/13(火) 20:23:25.87 0
具体例を挙げよ

135 :考える名無しさん:2016/12/14(水) 22:08:12.24 0
ゲンロン出版部
http://genron-tomonokai.tumblr.com/
2016年12月13日配信 [友の会メールvol.244]

136 :考える名無しさん:2016/12/28(水) 16:56:16.16 0
速水健朗が紹介していた「北海道独立論」は新鮮だった。

137 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 19:28:31.23 0
>>121
そこで比較されているは、

・エリツィンの「ディストラクション(破壊)」と
・ゴルバチョフの「リビルディング(建て直し)」(=ディコンストラクション(脱構築))

デリダの説明によると、脱構築は、絶滅や無に帰せしめることではなく、
解体し組み立てることを意図したもので、「解体」と「構築」二つの側面を持っている。

138 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 19:28:56.01 0
>>122
脱構築の元はハイデガーの解体だし、その前はルター。

デリダの脱構築(déconstruction)→ハイデガーの解体(Destruktion)→ルターの解体(destruere)

ジャン=リュック・ナンシーの「キリスト教的西洋の脱構築」とかもある。

139 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 19:29:13.01 0
キリストはユダヤ人だが…

140 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 19:29:38.81 0
シュンペーターの「創造的破壊」対しては、
古代インドにもブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァという宇宙の「創造、維持、破壊」モデルがある。

141 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 19:31:17.75 0
その他にも、二重に抹消を重ねる様な脱構築モデルがいくつかあるし。

142 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 20:56:07.92 0
来年はルターの宗教改革から500年なんだな。

143 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 21:11:11.00 0
難解な書物を読み解くために、入門書は役に立たないことが多い。
まさに問題になっている難解な箇所を回避することによってこそ、
分かりやすい入門書になっていることが多いからだ。難解な書物を読み解くための最大の鍵は、
その難解な書物自体の中にあるという根本原則から目を逸らさないことが重要だ。
https://twitter.com/201yos1/status/812847863508045824?lang=ja

144 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 21:40:12.98 0
来年はロシア革命からも100年。

145 :考える名無しさん:2016/12/29(木) 21:40:45.45 0
建設的野党という場合には、そこに解体と構築が認められるが、
破壊や転覆だけがあって構築がないものはテロルに近い。

極左はどうか。

146 :考える名無しさん:2017/02/06(月) 22:29:21.25 0
Religion and Nothingness (Nanzan Studies in Religion and Culture) Reprint Edition
by Keiji Nishitani (Author), Jan Van Bragt (Translator, Introduction), Winston L. King (Foreword)
https://www.amazon.com/Religion-Nothingness-Nanzan-Studies-Culture/dp/0520049462

147 :考える名無しさん:2017/02/13(月) 19:12:13.42 0
美術批評家著作選集 全24巻(予定)
[監修・解説] 五十殿利治
http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843334317

148 :考える名無しさん:2017/03/26(日) 19:26:17.24 0
現代思想の転換2017: 知のエッジをめぐる五つの対話
篠原 雅武 (編集)
出版社: 人文書院 (2017/1/25)

中村隆之 「読むこと、書くこと、提示し続けること」
小泉義之 「いまほど面白い時代はない」
藤原辰史 「対抗するテクノロジーの発明」
千葉雅也 「ナマコとヤドカリ」
ティモシー・モートン 「世界には穴が空いている」

149 :考える名無しさん:2017/03/26(日) 19:27:14.11 0
『ゲンロン0 観光客の哲学』 - 2017/4/8
東 浩紀 (著)

否定神学的マルチチュードから郵便的マルチチュードへ――。
ナショナリズムが猛威を振るい、グローバリズムが世界を覆う時代、新しい政治思想の足がかりはどこにあるのか。
ルソー、ローティ、ネグリ、ドストエフスキー、ネットワーク理論を自在に横断し、ヘーゲルのパラダイムを乗り越える。
著者20年の集大成、東思想の新展開を告げる渾身の書き下ろし新著。

150 :第三の波平(ただのリーマン) ◆kpxxLE2Sh. :2017/03/26(日) 19:28:43.52 0
>>149
なんか時間とまってない?

151 :考える名無しさん:2017/03/27(月) 15:45:35.59 0
>>145
キミ、革命という語をご存知ない?

152 :考える名無しさん:2017/03/27(月) 19:44:25.97 0
>>151
どういう革命モデルが今時なの?

153 :考える名無しさん:2017/03/30(木) 19:07:29.86 0
とりあえずアドレスを貼るのみで、当スレからは立ち去りますが、
もし興味ある方は読まれて下さい。

『救済的真理の伝達・証明』
《神・転生の存在の科学的証明》
http://message21.web.fc2.com/index.htm

154 :考える名無しさん:2017/04/09(日) 19:57:41.43 0
大澤真幸 『可能なる革命』 (2016)
大澤真幸 『日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか』 (2016)

155 :考える名無しさん:2017/04/09(日) 19:58:22.38 0
ルーティンで確認。

大澤真幸/編(2015-2016)

岩波講座現代 1 現代の現代性 
岩波講座現代 3 資本主義経済システムの展望 
岩波講座現代 4 グローバル化のなかの政治 
岩波講座現代 5 歴史のゆらぎと再編 
岩波講座現代 6 宗教とこころの新時代 
岩波講座現代 7 身体と親密圏の変容 (千葉雅也「思弁的実在論と無解釈的なもの」)
岩波講座現代 8 学習する社会の明日 
岩波講座現代 9 デジタル情報社会の未来 

156 :考える名無しさん:2017/04/14(金) 01:09:53.95 0
波平の基地害ぶりはガチ

波平以外の何者でもないだろww
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

104 : 純二 ◆tywylCjmAaEl 2016/09/03(土) 01:02:57.87 0

                   プキ?
             _.  _ノ
           ,ィ彡'  ̄
       ィ'ミ三ミ彡'
    ノテ!彡|;(:◉)ミィ三ミヽ
   ,,イ'´ ヾ*:ミミミ彡'⌒ヾミヽ      オシッコーンクサインマンコップチャン
  //    `ヽ、ミミミミ;;;    `ー―'    ムンチャカクサマーンツノカラークパイパン
.  |  'ヾェェェヾミミ;;;彡三ミミヽ
   | ◞≼்≽◟◞≼்≽◟,,,//    `ヾ、    _ノ
    \ `ー― '''   l゛      `ー '
    〉        ト、
   ,,イ \.     / ト、
 /  |   \_,/  | \
/.   |     / ヽ    |   \

157 :学術:2017/04/14(金) 09:20:23.19 0
革命は女たちのものだよ。

158 :考える名無しさん:2017/04/16(日) 18:37:53.17 0
九鬼周造 『偶然性の問題』 (1935)

“偶然性とは…否定を含んだ存在、無いことのできる存在…
 有と無との接触面に介在する極限的存在…
 有が無に根差している状態、無が有を侵している形象である”

http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/oppo3.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/kuki3.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/level.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/kuki31.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/kuki33.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/guu.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/kuki2.gif
http://www016.upp.so-net.ne.jp/shima/image/circle.gif

千葉も言及していた九鬼の「偶然性〜」。
『いきの構造』だけでなく、こういう本も読んでみると
日本の哲学に対するイメージも変わってくるだろう。

159 :考える名無しさん:2017/04/16(日) 18:39:31.94 0
戦前の哲学書も、現代仮名遣いにリニューアルされて読みやすくなってきている

160 :考える名無しさん:2017/04/16(日) 18:40:33.95 0
『明治期アカデミー哲学の系譜とハイデガーにおける形而上学の問題
 ―如来蔵思想とユダヤ・ヘブライ的思惟との収斂点―』
井上 克人
http://heideggerforum.main.jp/data08/inoue_r.pdf

> これは大乗仏教思想の根幹をなす「本体的一元論」、すなわち外に超越者を想定しない思考様式である。

> したがって、超越といっても、「外」に超越したものではなく、「内在的超越」という構造をもち、
> これこそ西洋的二元論の思考様式とは異なる「東洋的一元論」なのであって、
> いわゆる京都学派の哲学も、この系譜を引くものなのである。

161 :考える名無しさん:2017/04/25(火) 21:57:46.36 0
フランスでは、ド・ゴールが大統領の権限を強めた1958年の「第五共和制」以来、
左右の二大政党が交代で政権を担ってきていたが、今回の選挙では、
二大政党の候補が敗れ、無所属と極右政党の候補が決選に残った。

政策や支持層の一部が左右逆転した先の米大統領選挙と同様、
既存の体制に対してNOが突きつけられた格好だ。

戦後を形作ってきたシステムの再考が、世界的に求められているのではないかと思う。

162 :考える名無しさん:2017/04/25(火) 21:57:59.11 0
パリ五月革命や学生運動に代表される1968年が、大いなる切断の時代だったとすると、
ゼロ年代・10年代は、再接続が模索された時代ではなかったか。

163 :美魔女 ◆m56q6JyM70mL :2017/04/26(水) 00:56:26.57 0
まずは野ションです。

話はそれからです。

164 :考える名無しさん:2017/05/08(月) 00:16:49.49 0
『ネグリ、日本と向き合う』(2014)
アントニオ・ネグリ、市田良彦、伊藤守、上野千鶴子、大澤真幸、姜尚中、白井聡、毛利嘉孝、三浦信孝

世界と日本の情勢変化を対照させた対話集。
政治のパワーバランス、オキュパイ運動、3.11、原発、日本経済など。

165 :考える名無しさん:2017/05/08(月) 00:17:11.65 0
ネグリもガタリも、ヨーロッパでは本来の「左」が衰退し、
左右の区別が曖昧になってきたと言っている。

166 :考える名無しさん:2017/05/08(月) 00:17:25.46 0
ネグリは「新しい左が生まれなければいけない」とも。

167 :考える名無しさん:2017/05/17(水) 20:16:16.03 0
【西田】京都学派・近代日本哲学総合スレ【西周】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/philo/1494594731/

168 :167:2017/05/21(日) 10:59:43.72 0
・西周(1829-1897)
・福沢諭吉(1835-1901)
・中江兆民(1847-1901)
・井上哲次郎(1856-1944)
・井上円了(1858-1919)
・内村鑑三(1861-1930)
・岡倉天心(1862-1913)
・清沢満之(1863-1903)
・南方熊楠(1867-1941)
・鈴木大拙(1870-1966)
・柳田國男(1875-1962)
・折口信夫(1887-1953)
・柳宗悦(1889-1961)
・宮沢賢治(1896-1933)
・井筒俊彦(1914-1993)

京都学派
・西田幾多郎(1870-1945)
・波多野精一(1877-1950)
・田辺元(1885-1962)
・九鬼周造(1888-1941)
・和辻哲郎(1889-1960)
・久松真一(1889-1980)
・三木清(1897-1945)(京都学派左派)
・戸坂 潤(1900-1945)(京都学派左派)
・高坂正顕(1900-1969)(京都学派四天王、近代の超克)
・西谷啓治(1900-1990)(京都学派四天王、近代の超克)
・高山岩男(1905-1993)(京都学派四天王、近代の超克)
・鈴木成高(1907-1988)(京都学派四天王、近代の超克)
・梅原猛(1925-)
・上田閑照(1926-)
・大橋良介(1944-)

169 :考える名無しさん:2017/05/21(日) 13:52:39.75 0
新京都学派

塚本善隆(1898-1980)

宮地傳三郎(1901-1988)
今西錦司(1902-1992)
桑原武夫(1904-1988)
貝塚茂樹(1904-1987)
吉川幸次郎(1904-1980)
岩田久二雄(1906-1994)

藤枝晃(1911-1998)
井上清(1913-2001)
森下正明(1913-1997)
河野健二(1916-1996)
中尾佐助(1916-1993)
吉良竜夫(1919-2011)

梅棹忠夫(1920-2010)
上山春平(1921-2012)
鶴見俊輔(1922-2015)
司馬遼太郎(1923-1996)
梅原猛(1925-)

加藤秀俊(1930-)
高橋和巳(1931-1971)
小松左京(1931-2011)

49 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)